Just another WordPress site

HOME » 建築家のつくるリノベーション » 建築家リノベーションの予算はどのくらい?
建築家のつくるリノベーション

建築家リノベーションの予算はどのくらい?

434107de3f46157aa5cfb58825d2d151_s住み手がリノベーションを行うにはさまざまな理由があります。
長年、住み慣れた家だけど、子育ても終わって広いリビングにしたい、趣味の部屋が欲しいなど。
既に住んでいる家のほかにも、近年の一つの特徴として、最初から建築家のリノベーションを想定して中古の戸建住宅やマンションを購入するケースです。
「どんなことができるのか」「費用はどのくらいみていたらいいのか」など、気になることがたくさんありますが、今回はリノベーション費用について調べてみました。
457c83fe2f346099222986fcaa0e4c83_s
ある不動産情報会社の統計によると、マンションの場合は700〜1000万円が目安で、一戸建ての場合は1000〜1500万円となっています。
これはリノベーション会社が手がけた物件の相場であり、建築家と一緒にこだわりのリノベーションを行おうとするとさらに金額がアップすることも覚悟しなくてはならないでしょう。
一般的に建築家の設計料は総工事費の10%〜20%程度とされています。
しかし、リノベーションの場合、既存の建物の強度を調べたり、壁や天井裏などを調査して、どの柱や壁が撤去できるかなどを検討し、実際のプランに落とし込んでいきますから、ある意味、注文住宅を新築する以上の労力と手間がかかっています。
建築家は設計だけでなく監理までも行うことが多いので、一つのリノベーション当たり設計料は200万円前後かかると考えるのが妥当でしょう。 5af6a985ea0400cdc71dc92ca0613e77_s

すなわち、総工費2000万円とすると設計監理料200万円で、2200万円がリノベーションの費用となります。
これ以外にも、住み手がアンティークの建具や床材、造作などにこだわったり、ブランド物の高級キッチンなどを要望したり、建物の補強工事が必要な場合は当然、金額は嵩んできます。
しかし、「どこまでリノベーションするのか」「大切にしたいものは何なのか」を考え、それを理解してくれる建築家を探すことで、予算を抑えて大満足のリノベーションは可能です。